• HOME
  • DIARY
  • 「ハクバ ルフトデザイン ビンテージレーベル バックパック M」レビュー

「ハクバ ルフトデザイン ビンテージレーベル バックパック M」レビュー

DIARY

ごつい一眼レフが入るカメラバッグって、いかにもオッサン臭いorやたらとアウトドアテイストの二択。なかなかコレ!という品が見つからないのが悩みです。なので、バッグinバッグ状のカメラ用インナーケースを普通のリュックサックに入れて使っています。
インナーケースはトートでもリュックでも使える気安さはあるものの、縦長のバッグの場合カメラの上に物が重なってしまうため、出し入れがすこぶる不便なんですよね…。
しかし、ついにお眼鏡に叶うカメラ用リュックをゲットしたのでご紹介します。

それがトップ画像のこちら、ハクバ ルフトデザイン ビンテージレーベル バックパック Mです。最近は「リュック」じゃなくて「バッグパック」って呼ぶのがオシャレなんですね。。。

こちらの好きなところ
・ふたを左右のベルトで固定する今風のデザイン。
・生地はキャンバスのような風合いでありながら、ポリエステル素材なので軽い。
・13インチのパソコンが収まる。
・上下ニ重構造(2気室)なので整理がラク。(ファスナーを外せば1気室にもなる)

色はブラックです。実際はチャコールグレーに見えます。若干のカクカク感は否めませんが、使っているうちに丸みを帯びてくるでしょう。背面のメッシュは夏場の強い味方になるといいなあ。

背面ポケットには13インチのパソコンがすっぽり。バッグの重量だけで1.2キロあるので、カメラとパソコンを入れるとそりゃあ重いんですけどね(笑)。

取り外し可能なインナーケース。カメラのサイズに合わせて仕切り、下の層に入れます。

サイドのポケットからカメラをすいすい〜っと取り出せます。

反対側には交換レンズ。

かばんの中が整理整頓されているって、ストレスフリー!

こちらの記事もどうぞ