• HOME
  • TRAVEL
  • 台北の旅 〜イケメン兄弟が作る正統派豆花「手工 同家豆花」

台北の旅 〜イケメン兄弟が作る正統派豆花「手工 同家豆花」

豆花
TRAVEL

今回の旅行で食べたいものの一つに豆花がありました。
日本でいつも食べている豆腐よりも、杏仁豆腐に近い味と喉ごしが病みつきになります。
デザートといえばアイスやかき氷などの冷たいものが多い中で、温かくしても美味というのも豆花の好きな点です。

楽華夜市のすぐ近くにある「手工 同家豆花」で、ココロもお腹もほっとする豆花を食べましたよ〜。

「手工 同家豆花」は楽華夜市から一本入った路地にあります

手工 同家豆花の看板

こちらの記事で臭豆腐を食べた「郭記麻辣臭豆腐」の脇の路地を50mほど進んだところにあります。
クールな笑みを浮かべる、七三分け男子とメガネ男子の2人組の看板が目印です。

手工 同家豆花の外観

2017年3月にオープンの店内はカフェのような雰囲気ですね。
店内ではフリーwi-fiも使えるんです。イマドキ!!

ラーメンどんぶりなみなみの豆花

ショーケースの向こうには看板そっくりのお兄さんが2人いる!
豆腐の細かい違いは、れぉさんに中国語で尋ねてもらいました。
シロップとトッピングはメニューやショーケースを指差して伝えます。

豆花3つ

手前の白いどんぶり2つ:傳統手工豆花と湯底(シロップ)が黒糖。
奥の黒いどんぶり:養生黒豆花と湯底が傳統。
白いどんぶりの豆花にくらべると、うっすら黒みがかっています。
黒糖と比べてシロップは甘さひかえめです。

トッピングは3種類選べます。

丼に入った豆花さつまいも、白木耳(白きくらげ)、紅豆(あずき)を選びました。
品のよい甘さのおかげで、豆腐のつるつる・さつまいものもっさり・きくらげのコシ・あずきの柔らかさの4つの食感が際立ちます。

ボリュームがあるのにスルっと入ってしまう豆花マジック!
あっという間に完食してしまいました。

インスタ映えにも対応

天井からカラフルなドライフラワーがぶら下げられたレンガの壁。
ここで記念写真を撮ってといわんばかり(笑)!

レンガの壁の前に立っている人
そりゃあ撮りますとも。

まとめ

かき氷や季節限定のおしるこなど、豆花以外のメニューも充実しています。
こんなお店が家の近所にあったら入り浸ること確実ですね〜。

楽華夜市のシメはここで決まりです!

台北の旅はこちらもどうぞ




関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。